記事リスト

不要になった船の処分

船

どう処分するか

プレジャーボートや小型船の素材は、FRPというガラス繊維とプラスチック樹脂が使用されているのが一般的です。優れた耐久性や強度を持っているのですが、処分が困難なこともあり、不要になったプレジャーボートやヨットを不法投棄する人も増えているようです。廃船処理に関しては、関東ではFRP船リサイクスシステムの運用が平成19年から始まっています。不要になったプレジャーボート等を引きとって、解体やリサイクルを行っている会社もあります。廃船処理に困った場合は、こういった会社に問い合わせをしてみましょう。もちろん、関東以外にも廃船処理を請け負っている会社はあります。会社によって、廃船処理にかかる費用は異なるでしょう。いくらくらいかかるのか、事前に見積もりを出してもらうようにしましょう。遠方の場合は引取りできないということもあり得るので、事前にしっかりと確認する必要があります。中には、廃船の買取を行っているという会社もあります。こういった会社に依頼すれば、廃船処理にお金を払う必要がなくなります。自社で廃船の解体を行っているという会社の場合、廃船に使える部品がある場合は高く買取をしてくれます。解体した部品を販売することで、利益を得ているからです。なるべく高い金額で廃船の買取をしてもらいたいなら、複数の会社に見積もり依頼を出しましょう。比較して、一番高い値段で買取をしてもらえる会社に依頼をすると、お得に廃船処理ができます。

Copyright© 2018 粗大ごみ回収なら専門業者へ【専門ノウハウを持つスタッフが運搬】 All Rights Reserved.